就労継続支援事業とは 通常の事業所に雇用されることが困難な障害者の方々を対象に、就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、その知識及び能力の向上のために必要な訓練を行う事業を指します。

一般企業と事業所の違い

  • 利用者にとっては、煩雑な手続きを必要としないために敷居が低く、利用期限もないため、自分のペースで働くことができます。
  • 「個別支援計画」に基づく「サービス管理」が重視されており、利用者が継続的に働けるための支援があります。
    ページ先頭へ