就労支援とは?

『労働者として働きながら一般就労を目指そう!』

就労支援A型とは、障害者総合支援法 ( 障害者自立支援法)に定められた就労支援の一つです。

障がい者の方と雇用契約を結び、スタッフとして働いて頂き、最低賞金を保障するしくみの雇用型の障害サービスです。

一般企業への就労が困難な障がい者の方に就労機会を提供するとともに、生産活動を通じて、その知識と能力の向上必要な訓識などの障害サービスを提供することも目的としています。

利用対象者

一般企業等で就労することが困難な方で、雇用契約に基づいて継続的に就労することが可能な65歳未満の方。
具体的には次のような例が挙げられます。

就労移行支援事業を利用したが、企業等の雇用に結びつかなかった方

特別支援学校を卒業して就職活動を行なったが、企業等の雇用に結びつかなかった方

一般企業ではなく支援のある中で安心してお仕事をしたい方

『障害者の就労支援サービスの比較』

障害者の就労支援は大きく「3つ」に分類されています。

就労継続支援A型

雇用契約
あり
賃金・工賃の形式
あり。最低賃金以上
対象者
〒590-0946
18歳〜65歳の障害者
利用期間
定めなし
特徴
「労働者」として働きながら一般企業への就職を目指すためのサービス 企業等に就労することが困難な障害のある方に対して、雇用契約に基づく生産活動の機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練などを行います。 このサービスを通じて一般就労に必要な知識や能力が高まった方は、最終的には一般就労への移行をめざします。

就労継続支援B型

雇用契約
なし
賃金・工賃の形式
あり。工賃が支払われる
対象者
〒590-0946
年齢制限なし
利用期間
定めなし
特徴
「就労機会と生産活動を通じて次のステップを目指すためのサービス 通常の事業所に雇用されることが困難な就労経験のある障害のある方に対し、生産活動などの機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練などを行うサービスです。 このサービスを通じて生産活動や就労に必要な知識や能力が高まった方は、就労継続支援(A型)や一般就労への移行を目指します。

出典:wam net様より引用。

タイトルとURLをコピーしました